胃腸症状

過敏性腸症候群で毎朝トイレに一時間以上籠っていた男子高校生の症状が半年で改善!

 

 

中学2年生のとき過敏性腸症候群になってから、毎朝、下痢と腹痛でトイレに1時間籠もっていたという男子高校生が来院されました。

1年の大半は学校に行けず留年になり、オンライン授業が主の高校に入り直したと言います。

食事を伺うと、ポテトチップスや菓子パンなどジャンクフードが多く、お腹はコンクリートのように固く、栄養不良のために貧血にもなっていました。

 

そのため、腸に悪い食品を徹底して控えるように指導し、オイルマッサージで腹部をゆるめることを毎月継続して行いました。

その結果、半年後には、朝トイレに籠もることはなくなり、学校にも行けるようになったとお知らせをいただきました。

 

 

70代男性の、30年も続いたという原因不明の腹痛が半年で解消!

 

 

「原因不明の腹痛で30年も悩んでいる」という70歳の男性が来院されました。

数ヵ月後に大腸の手術をする予定だとおっしゃっていました。

お腹を触ったら、ガスでパンパンになっていて、食事を聞いたら、晩酌をしながら「豆腐1丁、煮豆、根菜の煮物」の定番と「日替わりメニューが一品」という食事をされていました。

 

腹痛の原因が「過剰な腸内ガス」にあることを説明し、毎日の定番メニューをガスが出ないメニューに変えるようにアドバイスし、腸内ガスを抜く施術を行ないました。

その結果、徐々に腹痛が軽くなっていき、半年後には腹痛がなくなり、手術をしないで済んだとおっしゃっていました。

 

 

偽膜性腸炎で食べられない日が続いていた30代女性が、来院後4ヶ月で復職に成功!

 

 

30代の女性看護師は、抗生物質で偽膜性大腸炎になり、半年間ほどほとんど食べられなくなり、生死の縁をさまよう状態だったと言いました。

半年たって何とか動けるようになり、甲府から来院されましたが、看護師を辞めるかどうか迷っているということでした。

彼女は詳細な食事記録を付けていたので、食べて良いものと悪いものをチェックしながら、改善していく食事をアドバイスし、併せて、首とお腹をゆるめる施術を行ないました。

その結果、4ヵ月後には職場に復帰したと連絡をいただきました。

 

 

3年間十分に食べられなかったという30代女性、8か月で改善ししっかりたべれるようになった!

 

 

20代のとき、ある日突然食べられなくなって仕事を辞めて実家に帰ったが、3年たってもまったく治らず、ほとんど食べられないという30代の女性が来院されました。

お腹はまるで臨月の妊婦さんのように膨れていて、うつ伏せに寝ることもできない状態でした。

お腹を触ってみたら、ガスでパンパンに膨らんでいることが分かり、食べられなくなるまでの食事を聞いたら、「小麦(パン・パスタ)と果汁(グミ)」が大半を占めていました。

食べられない原因は「過剰な腸内ガス」であることを説明し、腸内ガスが出る食品を徹底的に控えてもらうように指導し、併せて、腸内のガスを抜く施術を行ないました。

その結果、8ヵ月後には「だいぶ食べられるようになった」と報告をいただきました。

 

 

 

30代女性の、3年以上続いた腰痛と便秘が9ヶ月で消失!

 

 

パチンコ店で働いていたときに腰を痛めて、転職して3年たっても治らないという30代の女性から、両脚がいつもジンジンしびれていて、クシャミや咳で腰に激痛が走るとご相談を受けました。

便秘で、お腹がガスで膨満していて、うつ伏せに寝ることもできませんでした。

彼女は、ガスが出る食品やお菓子をたくさん食べていたので、腸内ガスを出す食品を徹底的に控えるようにアドバイスし、併せて、腸内ガスを抜く施術を行ないました。

すると3ヵ月後には、うつ伏せに寝られるようになり、背中や骨盤のマッサージもできるようになりました。

その結果、半年後には、腰痛も脚のしびれもなくなり、毎日便通があるようになったと知らせていただきました。